2017年08月08日

任天堂「ゲーム&ウオッチ(GAME&WATCH)」

任天堂の記念すべき携帯ゲーム機第1弾です。

「ゲーム&ウオッチ(GAME&WATCH)」!

fa2c435109eddd2b41a93475885caa64.jpg

初代ゲーム&ウオッチは1980年。
「ボール」というゲームでした。

シルバーシリーズとゴールドシリーズで
計8種類のゲーム&ウオッチが発売されました。
私は当時まだ小学校低学年でしたので、
この初代シリーズは実はあまり馴染みがありません。

その後登場したワイドスクリーンシリーズ、
これをいとこのお兄ちゃんが持っていて、
そこで初めて触れ、私自身も親にねだって、
兄弟で1台ということで買ってもらった記憶があります。

いとこのお兄ちゃんが持ってたのが「オクトパス」。
私達兄弟が親に買ってもらったのが「ミッキーマウス」でした。

今考えると恐ろしく単純なゲームですし、液晶画面も単色、
動きも単調なものでしたが、それでも当時、持ち運べるゲーム機(しかも薄くて小さい!)で
しかも単純なゲーム性がゆえの(?)中毒性みたいなものもあって、弟と得点を競ったり、
また、1台のゲーム機で1種類しか遊べないので、
いとこや友達など別の種類のゲーム&ウオッチを持ってる人と交換して遊んだりと、
かなりハマりました。

1983年に発売したファミコンにより、ゲーム&ウオッチの人気も下火となりましたが、
このゲーム&ウオッチの人気が、ファミコンや、
後の人気携帯ゲーム機「ゲームボーイ」や「ニンテンドー3DS」などへ繋がっていくんだと思うと、
このゲーム&ウオッチの功績は計り知れないものだと思います。

ゲーム&ウオッチも種類はたくさん出てましたが、やはり1台に1種類のゲームというので、
なかなか全てのゲームをすることは難しかったと思います。

私も実際やったことあるのは、先述の2種類と 「パラシュート」「ポパイ」、
マルチスクリーンシリーズの「オイルパニック」「ドンキーコング」くらいです。

まあ1台6,000円ほどするので、
なかなか何台もは買えませんよね(というか買ってもらえませんよね 笑)。


今だと3DS用ソフトでポイント特典でしたっけ?で、ゲーム&ウオッチが遊べるソフトがありますね。



郷愁は感じられますが、やはり単調なゲーム性(笑)。
それにあの筐体だからこそ、という部分もあったので、
これは特典という形でのリリースは正解だったと思います(笑)。

あの時代、何だか全てにワクワクしましたよね♪

80&90年代死語スタンプ昭和アイドル風
posted by エイト at 05:09| Comment(0) | ゲーム・遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

タカラ「チョロQ」

これも流行ったなぁー。

タカラ(現タカラトミー)の「チョロQ」。

3899039311_fe849ed536.jpg

このチョロQが出る前に人気だったスーパーカー消しゴムみたいに
小さいのに、こっちは形状がデフォルメされててかわいくて、
しかも動く!走る!

種類もいろいろありましたよね。

3899820262_e7c80cdcb8_z.jpg

ラジコンほど高度なホビーじゃないけど、
それよりぐっと安価で、誰でも簡単に走らせることができる、
っていうところが当時の児童達にはピッタリだったんだと思います。

確か、車体後部の所に10円玉を挟んで、ウィリー走行が出来るんですよね。
やりすぎると、ガリガリにシャーシの端が削れちゃいますけど(笑)。

何でも初代チョロQはこれ↓らしいです。


うむ、あまり覚えてない。。。

とにかくいろいろな車体があって、どれを選ぶかも楽しかったですね。





なるべく珍しい車体とか、友達よりかっこいい車体を求めて、
街のおもちゃ屋をウロウロ(笑)。



でもみんなが同じおもちゃ屋を利用するので、結局そんなに
差をつけられず、という感じだったような(笑)。

ちなみに、チョロQは現在も販売されております。
息の長い商品ですね。



何か大人になった今、まとめ買いして飾っておきたい(笑)。

ちなみに今だと、プリウスなんかも売ってます(笑)。



えー知らなかった!
時代に合わせて、ちゃんと車種もいろいろ出してるんですね!

でも私は、ちょっと80年代とかちょっとレトロな車種が欲しいかな。


<おわり>
posted by エイト at 17:22| Comment(0) | ゲーム・遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」

衝撃でした。
と、ともに、あまりのやり口の酷さに怒りすら覚えました。

いわゆる「女子高生コンクリート詰め殺人事件」。

joshikosei.png

1988年終盤から1989年初頭に起きた事件。

不良少年グループが、女子高生を拉致監禁。
その上、仲間内で輪姦し、様々な陰惨な暴行を加えた挙句死亡させ、
その遺体をコンクリート詰めにして東京湾岸へ放置したという、
80年代を代表する凄惨な殺人事件です。

当時私も、この被害者の女子高生(また加害者少年達)と同じ年代の
高校生でしたので、余計にこの事件はインパクトがありました。

詳しい事件の全貌なんかは、様々な文献やニュース、webサイトなどに
つまびらかにされてますが、読むだけでも辛いほどです。

当時の報道で、今では想像もつきませんが、一面空き地というか、
工事現場の吹きっさらしの埋め立て地(江東区)が映ってたのが
とても印象に残ってます。

joshi03.png

joshi02.png

当時は、やっぱり東京っておっかない所なんだなーと思ってました。
(まあ今も思ってますが)

東京のニュースというと、自分とはどこか遠くの、
違う世界のニュースのような感覚でしたが、
この事件に関しては、やはり同世代の人間達により、
同世代の少女が犠牲になった、という点で、かなり身近に感じた事件でした。

joshi04.png

今、あの場所は太い道路になっているそうです。
また、2020年の東京五輪のために再開発もされているとか。

犯人達は有期刑で、すでに全員出所しています。

名前を変えたり、また再犯を犯したり、行方が分からない加害者もいるとか。

そう考えると、自分の生活してるすぐそばにいる可能性もあるわけですよね。。

89年というのは、バブル最高潮の反面、
この事件や、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(所謂「宮崎勤事件」)、
中国の天安門事件、昭和天皇の容体ニュースといった、殺伐とした1年でしたね。。

<おわり>


posted by エイト at 10:45| Comment(0) | 社会・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。