2012年09月20日

「まんがはじめて物語」シリーズ

実写とアニメの融合が、当時画期的でした♪

hajimete03.jpg

いやぁー懐かしいです!
「まんがはじめて物語」!

確か土曜日の夕方に放送されてました。
土曜日は半ドンだったので、その後
公園等に遊びに行く事が多かったですが、
だいたいこの番組が始まる頃には
帰ってきて、弟と観てました。

hajimete01.jpg

私は、「まんがはじめて物語」と言えば、
圧倒的に岡まゆみお姉さんのイメージが強いです。

hajimete05.jpg

でも実は初代はうつみ宮土理さんだったんですよね。
ケロンパ?(笑)

毎回、お姉さんが不思議に思う事柄を
アニメになって時空移動して、
そのルーツを探る番組なんですが、
時空移動の際の、意味不明な呪文が
何だかツボでした(笑)。

「クルクルバビンチョ パペッピポ ヒヤヒヤドキッチョの モーグタン♪」

って、本当に意味不明(笑)

hajimete02.jpg

このシリーズ、結構続いてたんですよね。

この後の
「まんがどうして物語(主演:松居直美)」
「まんがなるほど物語(主演:倉沢淳美)」
までは観ていた記憶があります。

昔はこういう、教養番組とかも充実してましたよね。
hajimete04.jpg



posted by エイト at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)

中高でめちゃめちゃハマってました♪
シンディ・ローパー♪



彼女を知ったのは、2枚目のアルバム
『トゥルー・カラーズ/TRUE COLORS』から。



1st『シーズ・ソー・アンユージュアル/She's So Unusual』と
2ndの『トゥルー・カラーズ/TRUE COLORS』、その後の
3rd『ア・ナイト・トゥ・リメンバー/A NIGHT TO REMEMBER』は
聴きまくりましたね〜。

この3枚のアルバムに関しては、
捨て曲が(私的には)1曲もないです。

全曲が学生時代の思い出と直結して、
今もたまに聴くと、10代の頃の青く淡い
思い出がオーバーラップされます。



あの独特の声質と唄い方、そしてどっか突き抜けたオーラ。
奇抜なファッションと共に話題にもなりました。

あと、かなりの親日家です、この方♪
まだ売れる前、日本でも働いていた経験もあるんですよね。

当時、マドンナかシンディか、みたいな論調も
ありましたが、私的には断然シンディなんです(笑)。
もちろんマドンナも好きでしたけどね。

はじけるような明るいサウンドの中にも
どこか危なげな薄氷を奥に隠し持ったような、
さもすれば一気に自我の崩壊が押し寄せてくるような、
何かそういう雰囲気が、恐らく10代の自分と
どこか重ね合わせたりしてたのかもしれませんね。

posted by エイト at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌手・芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

エポック社「ポカポンゲーム」

久しぶりの更新になります。

おもちゃ続きですが、続いては
エポック社の「ポカポンゲーム」!

DSC04306.JPG

発売開始は1979年になりますが、
これも80年代、子供達の間では
結構知られたおもちゃですよね。

私も弟とよく遊びました。

ポカポカして、相手の頭部をポカって
吹っ飛ばした方が勝ちという、
今思うと何とも単純なおもちゃ(笑)。

4f49a9063d7c0_160516n.jpg

最終的には、2人とも強く連打し過ぎて
壊してしまいましたが(笑)…。

今は、TVゲームや、DS、PSPみたいな
所謂画面で遊ぶゲームが主流ですが、
昔ながらの、こういうアナログな
ゲームって、遊ぶ2人の間の空気感とかも
アナログで(笑)、何かのんびりしてた
ような気がしますよね。

これ、今も「ポカポンゲームDX」として
発売中だそうで、ずいぶんとロングセラーな
商品だったんですね♪

posted by エイト at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。