2015年10月17日

カルガリー冬季五輪大会

「フライング・ウーマン」の異名をとった伊藤みどりが衝撃でした。

1988年開催のカルガリーオリンピック。

calgary_olympic.jpg

私、出身が雪国の方なので、冬のスポーツも結構関心はあるんです。
あまりアイススケートの盛んな地域ではなかったですが、スキーは小学生からずっと授業でやってました。

カルガリー大会ですが、まあこう言うと失礼ですが、やはり冬季五輪って
どうしても夏季五輪に比べると見劣りするというか、地味な印象はありますよね。

それと、屋外での競技が多いので、自然との戦いっていうイメージもあります。

この大会、あの鳥人マッチ・ニッカネンが三冠を達成したり、
いろいろと見所もあったはずなのですが、私が覚えているのは女子フィギュアスケートのみ(笑)。

というか、あの衝撃がすごすぎて、他が吹っ飛んでしまった感じかもしれません。

当時、フィギュアスケートはまだ規定(コンパルソリー)があって、
日本代表の伊藤みどり選手は、ショート&フリーには期待がかかってましたが
どうしても苦手なコンパルソリーでいつも順位が伸び悩む傾向にあったため、
前評判でも、後の「アルベールビル冬季五輪」時のような金メダル候補には届かない状態でした。

世間(日本以外)の注目はもっぱら、女王カタリナ・ヴィットvsデビ・トーマスの
カルメン対決(でしたっけ?)であり、実際私もその戦いを固唾を飲んで観ていました。

案の定、伊藤みどりはコンパルソリーで10位。
入賞は狙えますが、メダルまではちょっと厳しいか、という位置でした。

しかし、彼女のショートプログラムを見て驚愕。
さらにフリー演技でも度肝を抜かれて、私は完全にノックアウトされました(笑)。

YouTubeなんかでも、当時の演技を見られると思いますので、まだ見たことない方は是非♪


 
posted by エイト at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。