2012年06月13日

「宝石箱」(アイスクリーム)

Wikiより

宝石箱(ほうせきばこ)は、かつて雪印乳業が販売していたアイスクリーム(カップアイス)。
白いバニラアイスの中に、カラフルでフルーツの香りが付いた氷粒が散りばめられている。
その氷粒を「宝石」に、パッケージ全体を「宝石箱」に例えたコンセプトの商品であった。
発売期間は、1978年[1]〜1983年[2]。

-------------

たった5年間なんですね、これ売ってたの。

houseki01.jpg

確かに、非常に印象深い商品だったのに
いつの間にか姿を消してた気がします。。

ピンクレディーがCMやってたんですよね。
それは何となくしか覚えてませんが、
とにかくこの商品、今まで私達が食べていた
アイスとは一線を画す商品だったと思います。

宝石をイメージした高級感溢れる黒いカップ。

中身がこれまたお洒落で、バニラアイスの中に
宝石に見立てたクラッシュアイスが散りばめられていましたね。

houseki03.jpg

houseki04.jpg

houseki02.jpg

私はやはり、一番宝石っぽい(?)メロンが好きでした♪
エメラルド的な感じが(笑)。

でも高級な感じがして、そんなに多くは
食べた記憶はないんですが、普通に100円
だったんですね(笑)。

当時はメロンシャーベット(50円)とか
ホームランバー(30円)とかが多かったので
それでもやはり高級品だったんでしょうけど。


子供の頃は、買い物のお駄賃か何かを貯めて、
近所のお菓子屋さんに行って、これ買うのが楽しみでした。

80&90年代死語スタンプ昭和アイドル風


posted by エイト at 15:41| Comment(0) | 飲食系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。