2015年12月03日

「おはよう!スパンク」

小さい頃、何故か(?)このテレビアニメ、観てました。
そして何故か(??)主題歌が未だに唄えます(笑)。

スクリーンショット 2017-02-04 16.23.03.png

「なかよし」連載の漫画だったので、まあ所謂少女漫画にカテゴライズされるんだと思いますが、
何故これを私は観てたんだろう。。日曜放映だったからかな。日曜だった気がする。

内容は、
「海で父が行方不明になった愛子。母が帽子のデザインの仕事でフランスに渡るため、画家である伯父・藤波の家で暮らすことになる。
引っ越し早々交通事故で飼い犬パピーを失った愛子は、海岸に住みついているへんてこな白い野良犬、スパンクと出会う。自分も飼い主を海で亡くしていたスパンクは、自分なりに愛子を励まそうとする。お節介でドジだが憎めないスパンクに愛子は心を開き、一緒に暮らし始める。
スパンクたち犬や猫はときには人語を解し、二足歩行し簡単な調理までこなすが、意図が愛子たちに伝わらなかったり、必ずしも信じてもらえず、あるいはお節介や勇み足などから小さな騒動を起こす。」(wikiより)


とのことで、そう言われてみればそんな感じだったような気もしますが、ほぼ覚えてません(笑)。

しかし何故かスパンクが好きで、スパンクのぬいぐるみも持ってた記憶があります。

スクリーンショット 2017-02-04 16.21.41.png


しかし本当に今観ると、80年代っぽい絵柄ですよね。

スクリーンショット 2017-02-04 16.19.31.png

スクリーンショット 2017-02-04 16.22.36.png

上のような目や口の描き方、よく女子がしてました。

スパンクの声優さんである、つかせのりこさんは、NHKの「できるかな」のナレーションでも有名ですね。
あの独特のハスキーボイス。

こういう、ほのぼのドタバタ系のアニメも80年代ならではですよね。
今じゃこんなの(失礼)放映しても、というか企画自体ボツになりそう(笑)。



posted by エイト at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

「がんばれ元気」

大好きでした!
「がんばれ元気」。



fb2c3664ab9abc1e740cb5830393bfe6_cover.jpg

漫画が1970年代後半〜1981年まで連載。
TVアニメが1980年〜1981年で放映されました。

確か親戚のお兄ちゃんが、がんばれ元気の
コミックを持っていて、大学進学だかで
上京するにあたり、処分しないといけないという事で、
私達兄弟がコミック全巻をもらう事になり、
そこで初めて読んだのですが、これがもう
号泣号泣の嵐で(笑)、本当に大好きな漫画でした。

もちろん元気が一番好きでしたが、
何げに山谷さんとかも味があって大好きでした♪
あとは、三島さんと、芦川先生♪

この作品、割と等身大なストーリーだったのが、
今までのスポ根ものとは少し違って、
すんなり元気に感情移入出来た点かもしれません。

ただ、やはり時代背景が60年代〜70年代あたりなので、
今思い返すと、絶対に今の若い人達には理解出来ないような
描写もたくさんありますね(笑)。

今も、アニメのOPテーマとかは覚えてます。
当時にしてはちょっと爽やかだったような気がしますが
今見返すと、やはり時代を感じますね(笑)。



また全巻揃えようかな〜。

posted by エイト at 14:32| Comment(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

「魔法の天使クリィミーマミ」

友人の影響で私もまんまとハマりました(笑)。



1983〜1984まで全52話(52話も?)放映。

当時小学生だった私ですが、
近所の同じクラスの友人宅に遊びに行った際、
彼がこのアニメを薦めてきた事をきっかけに
観るようになりました。

今思えばその友人は、今で言うアニメオタク的な
存在だったかもしれません(笑)。



当時、こういった女の子向けアニメを観るのは
抵抗があったのですが、いざ観てみると、
ドハマりしてしまいました(笑)。

主人公の森沢優&マミの魅力
(かわいさや、舌ったらずなしゃべり方)
もそうなんでしょうけど、
それよりも、私の場合は、
何と言ってもマミが唄う歌が好きでした。



「デリケートに好きして」
「パジャマのままで」
「LOVEさりげなく」
「BIN・KANルージュ」
「美衝撃(ビューティフル・ショック)」
「囁いてジュテーム-Je t'aime-」
「優のクリィミーマミ」
「ラストキッスでGOOD LUCK!」(綾瀬 めぐみ)


だいたい唄えます(笑)。
今もたまに聴くくらい好きです。

何げに、馬飼野康二、織田哲郎、岩里祐穂など、
蒼々たる面々が楽曲提供してるんですよね。

しかし、カラオケでこれらの歌を
唄うと、たいていドン引きされます(笑)。


スタジオぴえろの魔法少女シリーズは、この後
「魔法の妖精ペルシャ」
「魔法のスターマジカルエミ」
「魔法のアイドルパステルユーミ」
「魔法のステージファンシーララ」
と続いて行きますが、私は、
マジカルエミまでしか観てませんでした…。

やはり唯一無二のクリィミーマミなんだな、と。


あと、このアニメで「ポジ」「ネガ」の意味を知りました(笑)。

posted by エイト at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。