2017年03月03日

「クイズ100人に聞きました」

久々の更新です(笑)。

昔も今も、クイズ番組っていうのは必ずありますよね。
私も最近こそあまり観ませんが、小さい頃はよく観てました。

いろいろと好きなクイズ番組はたくさんあります。
「なるほど!ザ・ワールド」
「クイズダービー」
「世界まるごとHOWマッチ」などなど。

そんな中でも、特によく観てたのが「クイズ100人に聞きました」です。

スクリーンショット 2018-01-20 17.54.10.png

世間の100人に聞いた答えを推測して答える番組ですね。
懐かしい。
ちょうど夕飯時だったこともあり、家族で観てたような記憶があります。

スクリーンショット 2018-01-20 17.54.53.png

司会の関口宏も若い(笑)。
この人の司会っぷりがまたいい味を出してましたよね。

80年代のクイズ番組というと、
やはりMCがかなりいい味出してた番組が人気かつ長寿だった気がします。
「なるほど!ザ・ワールド」のキンキン、「クイズダービー」の大橋巨泉etc

「100人に聞きました」は、他のクイズと違い、
正解が1つだけというわけではなく、ランクにさえ入っていればどれも正解で、
より多い一般人が出した回答の方が上位、という部分が、
何というか、一般人感覚をより知られるような多数決的な感じがして好きでした。

スクリーンショット 2018-01-20 17.55.43.png

あと、基本的には一般人の家族同士の対戦だったのも好きでした。

最近は一般視聴者参加型のレギュラークイズ番組は
「パネルアタック25」くらいでしょうか?
他は全て芸能人参加型ですし、
何というか、「100人ー」は他よりも緩い感じが好きでした。

家族同士の対戦で勝利すると、トラベルチャンスに挑戦し、
そこで一定数以上の人数の回答を出せば、その数に応じて、
旅行へ行ける人数が決まる、というのも、結構緩い感じがして好きでした(笑)。
だって、基本的に最低1人は行ける確率が結構高い(笑)。

スクリーンショット 2018-01-20 17.57.00.png

スクリーンショット 2018-01-20 17.58.51.png

関口さんは元々は俳優さんでしたが、この番組で一気にMC、
司会としての活動にシフトしていきましたね。

この番組は1979年スタートで1992年終了。
なので、80年代まるまるやってるわけですね。

それと、この番組のキャラクター。「百太郎」っていうんですが、
これ、小さい頃はずっと西武ライオンズのマスコットキャラクターの
「レオ」かと思ってました(笑)。

一体このキャラ(百太郎)って何だったんだろう…。
いや、犬だと思うんですが(笑)、そういうことではなく、
やたら番組中出てきてたので。
まあマスコットキャラってそういうもんだと思いますが。


今だと、なかなかこういう一般視聴者の家族対戦とかは、
視聴率的にも番組作り辛いんでしょうね。

でも何か最近のクイズ番組ってどれもこう、
芸能人達が内輪ノリっぽく盛り上がってるだけだったり、
一般視聴者参加型だとしても、クイズマニア(?)的な、
飛び抜けた知識持ちの戦いだったりで、
こういうまったりしたクイズ番組ってないような気がします。

これも時代の流れでしょうか。

【Platinum クイズ「100人に聞きました」ボードゲーム】 b01fadojik
posted by エイト at 13:25| Comment(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

TBSドラマ「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」

80年代、「ドラマのTBS」と言われるほど
ドラマには定評のあったTBS。

今回は「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」です。

sbm01.jpg

このドラマ好きだったなぁ。

というか、私の勝手な記憶で、「家族ゲーム」からの長渕剛ドラマ
の流れなのかと思ってたんですが、少し違うみたいですね。

「家族ゲーム」(1986/全6回)(短い…)
「家族ゲームII」(1987/全11回)は金曜20時枠。

「親子ゲーム」(1986/全11回)は土曜21時枠。

「親子ジグザグ」(1987/全20回)は金曜21時枠。

「親子ウォーズ」(1988/全12回)は土曜22時枠。

「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」(1987/全5回)
「スタンドバイミーII 〜気まぐれ天使〜」(1988/全4回)は金曜21時枠。


私が勝手に、長渕剛の流れで、この一連のドラマが
全部同じ枠だったと錯覚してましたが、実際めちゃくちゃ(笑)。

そして、このスタンドバイミーシリーズ、
ともに5回、4回という短さだったことに驚愕。

もうちょっと長いと思ってました。


さて、この「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」。

主演は志穂美悦子! これまた懐かしい!

sbm03.jpg

今見るとすんごいヘアスタイルと服装ですが(笑)
当時はこういう系譜の人も多かったですよね(兵藤ゆきとか)。

そして準主役が小川範子!

sbm06.jpg

可愛かったし、何と言っても演技がすごくて衝撃でしたね。


児童保護施設を運営している志穂美悦子のところへ
小川範子(問題児)が入所してきて、様々な問題が…
というドラマでしたが、小川範子の悪童演技っぷりが
まさに天才子役(子役という年齢じゃないかもしれませんが)
というにふさわしいムカツキさ加減でした。

sbm05.jpg



あと、「親子ジグザグ」にも出演してた
伊崎充則くんも出演してます。

sbm04.jpg

可愛すぎる(笑)。。。


それと、主題歌とかも良かったですね。

城之内ミサ。

このドラマとスタンドバイミーII、あと親子ウォーズも
主題歌を担当されてましたが、どれも、少し憂いと切なさの漂う
素敵な主題歌でした。


sbm02.jpg

5回すべてが視聴率23%オーバー!
しかも最終回は26%以上と、当時のドラマの視聴率が
今と全く違うことにもびっくりです。

まあ1回目の放送日(?)に長渕剛と志穂美悦子が結婚発表、
しかも初回に長渕剛がちょい役で友情出演というのも
それに拍車をかけたのかもしれませんが。


惜しむらくは、このシリーズ2つ、
それと「親子ゲーム」「親子ジグザグ」「親子ウォーズ」の
シリーズがDVD化されてないこと。。。

「家族ゲーム」「家族ゲーム2」はソフト化こそありませんが、リメイクとかもされてますし、
私が、世代的に微妙にずれてるので、失礼ながらそこまで思い入れはないんですが、
この「親子〇〇」シリーズと「スタンドバイミー」シリーズは
是非ソフト化して欲しいです。BSやCSでの再放送でもいいので(切なるお願い)。
posted by エイト at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

「がんばれ!レッドビッキーズ」「それゆけ!レッドビッキーズ」

ミルクボールに憧れました♪



「がんばれ!レッドビッキーズ」が1978年放映(全48話)。
その続編の「それゆけ!レッドビッキーズ」が
1980年〜1982年まで全77話放映されてました。

だいたいにおいてこの頃の番組って
平気で50話くらいやってるんですね。
今じゃ考えられない。


確か、両方とも観ていましたが、
印象的には、続編の「それゆけ!レッドビッキーズ」
の方がかなり強く残ってます。

なので、このブログでは
「それゆけ!レッドビッキーズ」の方を
主に書いて行こうと思います。


主題歌、久々にYouTubeで観たら
普通に唄えました(笑)。

選手達がそれぞれ特徴的なあだ名が
ついてましたよね。

トロケン、イチャモン、セオリー、ミルク、
ナミダくん、サッチン、ケロケロetc…

ああぁ懐かしい、懐かし過ぎる…。
涙が出そう。


当時、自分のクラスに転入してきた友達が
ケロケロに似ていて、その友達も
ケロケロというあだ名になってました(笑)。

そんな事があって、
基本的に、全編通じて、ミルクが好きだったんですが、
途中、ケロケロが登場するようになってからは
断然ケロケロファンになってしまいました。

みんなそれぞれ個性が強く、
そんなバラバラな個性が集まった
弱小リトルリーグチームが
女性監督のもと、成長していくという、
これまたスポ根丸出しな感じのストーリー(笑)。

しかし、このキャラクターの描き分けや
女性監督との関係なんかが絶妙で、
本当に弟と食い入るように観てました。


これ、DVDとして
「がんばれ!レッドビッキーズ」の方は発売されてますが、
「それゆけ!レッドビッキーズ」の方は発売されてません…。

いろいろな権利上の問題なんでしょうかね。
非常に残念です…。

ご関係者の方々、是非!是非!「それゆけ!〜」の方も
発売のご検討をお願い致します<(_ _)>

posted by エイト at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする