2015年11月02日

TBSドラマ「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」

80年代、「ドラマのTBS」と言われるほど
ドラマには定評のあったTBS。

今回は「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」です。

sbm01.jpg

このドラマ好きだったなぁ。

というか、私の勝手な記憶で、「家族ゲーム」からの長渕剛ドラマ
の流れなのかと思ってたんですが、少し違うみたいですね。

「家族ゲーム」(1986/全6回)(短い…)
「家族ゲームII」(1987/全11回)は金曜20時枠。

「親子ゲーム」(1986/全11回)は土曜21時枠。

「親子ジグザグ」(1987/全20回)は金曜21時枠。

「親子ウォーズ」(1988/全12回)は土曜22時枠。

「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」(1987/全5回)
「スタンドバイミーII 〜気まぐれ天使〜」(1988/全4回)は金曜21時枠。


私が勝手に、長渕剛の流れで、この一連のドラマが
全部同じ枠だったと錯覚してましたが、実際めちゃくちゃ(笑)。

そして、このスタンドバイミーシリーズ、
ともに5回、4回という短さだったことに驚愕。

もうちょっと長いと思ってました。


さて、この「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」。

主演は志穂美悦子! これまた懐かしい!

sbm03.jpg

今見るとすんごいヘアスタイルと服装ですが(笑)
当時はこういう系譜の人も多かったですよね(兵藤ゆきとか)。

そして準主役が小川範子!

sbm06.jpg

可愛かったし、何と言っても演技がすごくて衝撃でしたね。


児童保護施設を運営している志穂美悦子のところへ
小川範子(問題児)が入所してきて、様々な問題が…
というドラマでしたが、小川範子の悪童演技っぷりが
まさに天才子役(子役という年齢じゃないかもしれませんが)
というにふさわしいムカツキさ加減でした。

sbm05.jpg



あと、「親子ジグザグ」にも出演してた
伊崎充則くんも出演してます。

sbm04.jpg

可愛すぎる(笑)。。。


それと、主題歌とかも良かったですね。

城之内ミサ。

このドラマとスタンドバイミーII、あと親子ウォーズも
主題歌を担当されてましたが、どれも、少し憂いと切なさの漂う
素敵な主題歌でした。


sbm02.jpg

5回すべてが視聴率23%オーバー!
しかも最終回は26%以上と、当時のドラマの視聴率が
今と全く違うことにもびっくりです。

まあ1回目の放送日(?)に長渕剛と志穂美悦子が結婚発表、
しかも初回に長渕剛がちょい役で友情出演というのも
それに拍車をかけたのかもしれませんが。


惜しむらくは、このシリーズ2つ、
それと「親子ゲーム」「親子ジグザグ」「親子ウォーズ」の
シリーズがDVD化されてないこと。。。

「家族ゲーム」「家族ゲーム2」はソフト化こそありませんが、リメイクとかもされてますし、
私が、世代的に微妙にずれてるので、失礼ながらそこまで思い入れはないんですが、
この「親子〇〇」シリーズと「スタンドバイミー」シリーズは
是非ソフト化して欲しいです。BSやCSでの再放送でもいいので(切なるお願い)。
posted by エイト at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

カルガリー冬季五輪大会

「フライング・ウーマン」の異名をとった伊藤みどりが衝撃でした。

1988年開催のカルガリーオリンピック。

calgary_olympic.jpg

私、出身が雪国の方なので、冬のスポーツも結構関心はあるんです。
あまりアイススケートの盛んな地域ではなかったですが、スキーは小学生からずっと授業でやってました。

カルガリー大会ですが、まあこう言うと失礼ですが、やはり冬季五輪って
どうしても夏季五輪に比べると見劣りするというか、地味な印象はありますよね。

それと、屋外での競技が多いので、自然との戦いっていうイメージもあります。

この大会、あの鳥人マッチ・ニッカネンが三冠を達成したり、
いろいろと見所もあったはずなのですが、私が覚えているのは女子フィギュアスケートのみ(笑)。

というか、あの衝撃がすごすぎて、他が吹っ飛んでしまった感じかもしれません。

当時、フィギュアスケートはまだ規定(コンパルソリー)があって、
日本代表の伊藤みどり選手は、ショート&フリーには期待がかかってましたが
どうしても苦手なコンパルソリーでいつも順位が伸び悩む傾向にあったため、
前評判でも、後の「アルベールビル冬季五輪」時のような金メダル候補には届かない状態でした。

世間(日本以外)の注目はもっぱら、女王カタリナ・ヴィットvsデビ・トーマスの
カルメン対決(でしたっけ?)であり、実際私もその戦いを固唾を飲んで観ていました。

案の定、伊藤みどりはコンパルソリーで10位。
入賞は狙えますが、メダルまではちょっと厳しいか、という位置でした。

しかし、彼女のショートプログラムを見て驚愕。
さらにフリー演技でも度肝を抜かれて、私は完全にノックアウトされました(笑)。

YouTubeなんかでも、当時の演技を見られると思いますので、まだ見たことない方は是非♪


 
posted by エイト at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

筆箱(高機能筆箱/缶ペンケース)

久しぶりの更新です。
かなり生活環境などが変わりまして、バタバタしておりました。

というわけで復活第一弾は「筆箱」です。

当時、2大ブームがありました。

1つは「高機能筆箱」!



Ty2utoF.jpg

chinchillaace-img599x472-1449523033znese21983.jpg

両面だけじゃなく、中面にも無意味に(笑)スペースのある、
そして、お尻部分が開いたり、鉛筆削理がついてたりと
もう至れり尽くせりの筆箱でした。

男子の方が比率が高かったかもしれませんが
みんなこういう筆箱を一時期使ってましたね。

どれだけ多機能かがポイントで(それが無意味な機能でも 笑)、
メモスペースにもいちいち何か書いてた気がします。


そして、それと同じくらいのブームだったのが缶ペンケース!

これはまあスタンダードかもしれませんし、
実際、今も生き残ってるので、ブームっていうのとは
ちょっと違うかもしれませんが、
小学高学年、中学生とかになると、これ系が主になってました。



74744244.jpg

ポップなキャラ(当時としては、ですが 笑)や
かわいいキャラのが多かったような(特に女子用は)。

20130122_valentine04.jpg

画像にある「EASY BOYS」や王道の「キティちゃん」「キキララ」
「うちのタマ知りませんか」「ゴロピカドン」から
男子だと、ファミコン系や野球選手、アニメ系が多かったでしょうか。

あと、こういう絵柄多かったですよね↓
sim-1.jpg

sim.jpg


昔使ってたの、とっておけばよかったなぁ
とかしみじみ思う今日この頃です。
posted by エイト at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。