2015年10月17日

カルガリー冬季五輪大会

「フライング・ウーマン」の異名をとった伊藤みどりが衝撃でした。

1988年開催のカルガリーオリンピック。

calgary_olympic.jpg

私、出身が雪国の方なので、冬のスポーツも結構関心はあるんです。
あまりアイススケートの盛んな地域ではなかったですが、スキーは小学生からずっと授業でやってました。

カルガリー大会ですが、まあこう言うと失礼ですが、やはり冬季五輪って
どうしても夏季五輪に比べると見劣りするというか、地味な印象はありますよね。

それと、屋外での競技が多いので、自然との戦いっていうイメージもあります。

この大会、あの鳥人マッチ・ニッカネンが三冠を達成したり、
いろいろと見所もあったはずなのですが、私が覚えているのは女子フィギュアスケートのみ(笑)。

というか、あの衝撃がすごすぎて、他が吹っ飛んでしまった感じかもしれません。

当時、フィギュアスケートはまだ規定(コンパルソリー)があって、
日本代表の伊藤みどり選手は、ショート&フリーには期待がかかってましたが
どうしても苦手なコンパルソリーでいつも順位が伸び悩む傾向にあったため、
前評判でも、後の「アルベールビル冬季五輪」時のような金メダル候補には届かない状態でした。

世間(日本以外)の注目はもっぱら、女王カタリナ・ヴィットvsデビ・トーマスの
カルメン対決(でしたっけ?)であり、実際私もその戦いを固唾を飲んで観ていました。

案の定、伊藤みどりはコンパルソリーで10位。
入賞は狙えますが、メダルまではちょっと厳しいか、という位置でした。

しかし、彼女のショートプログラムを見て驚愕。
さらにフリー演技でも度肝を抜かれて、私は完全にノックアウトされました(笑)。

YouTubeなんかでも、当時の演技を見られると思いますので、まだ見たことない方は是非♪


 
posted by エイト at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

筆箱(高機能筆箱/缶ペンケース)

久しぶりの更新です。
かなり生活環境などが変わりまして、バタバタしておりました。

というわけで復活第一弾は「筆箱」です。

当時、2大ブームがありました。

1つは「高機能筆箱」!



Ty2utoF.jpg

chinchillaace-img599x472-1449523033znese21983.jpg

両面だけじゃなく、中面にも無意味に(笑)スペースのある、
そして、お尻部分が開いたり、鉛筆削理がついてたりと
もう至れり尽くせりの筆箱でした。

男子の方が比率が高かったかもしれませんが
みんなこういう筆箱を一時期使ってましたね。

どれだけ多機能かがポイントで(それが無意味な機能でも 笑)、
メモスペースにもいちいち何か書いてた気がします。


そして、それと同じくらいのブームだったのが缶ペンケース!

これはまあスタンダードかもしれませんし、
実際、今も生き残ってるので、ブームっていうのとは
ちょっと違うかもしれませんが、
小学高学年、中学生とかになると、これ系が主になってました。



74744244.jpg

ポップなキャラ(当時としては、ですが 笑)や
かわいいキャラのが多かったような(特に女子用は)。

20130122_valentine04.jpg

画像にある「EASY BOYS」や王道の「キティちゃん」「キキララ」
「うちのタマ知りませんか」「ゴロピカドン」から
男子だと、ファミコン系や野球選手、アニメ系が多かったでしょうか。

あと、こういう絵柄多かったですよね↓
sim-1.jpg

sim.jpg


昔使ってたの、とっておけばよかったなぁ
とかしみじみ思う今日この頃です。
posted by エイト at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

「ドラゴンクエスト」

言わずと知れた、メガヒットRPG。
私も2,3発売時は並びました(笑)!



「ドラクエI」発売が1986ですが、
人気が爆発したのが「II」からだった気がします。
私も、地元のゲームショップに並びました(笑)。

でも結局買えず、、、
当時、エニックスで働いていた従兄弟の
お兄ちゃんがいたので、泣き倒して(笑)、
1本譲り受けた思い出があります。

懐かしいですねー。

パーティ同士で戦うっていうのが
当時はかなり斬新に感じて、
仲間達がいるってこんなに頼もしいんだ!って
ワクワクしながら遊んでいました。

でもIIはとにかく難しかった記憶が。

クリア済みの友達にオーブの在処とか
いろいろ聞いてめんどくさがられた気がします(笑)。

今みたいに攻略サイトとかもないし、
攻略本ったってそんなに隅から隅まで
書いてあったわけではないので、
その辺結構シビアでしたよね。

でもその分、目的のものを見つけた時や
クエストを達成出来た時の喜びもひとしおでした。

「III」発売で人気も最高潮に達しました。

田舎育ちの私は、「III」発売時は、
県庁所在地のゲームショップまで
バスで足を運び、行列があったので
「あ!この行列だ!!」と
慌てて並んだものの、どうも世代的に
ドラクエ買うような感じでもない行列だなー
なんて思ってたら、実は某アーティストの
コンサートチケット販売の行列だったという、
何ともほろ苦い思い出があります(笑)。


クリアして、「III」が「I」に続くって
分かった時の感動ったらなかったです♪

何度も「ふっかつのじゅもんがちがいます」で
泣かされましたけど(笑)。

今もまだドラクエシリーズは続いているんですよね。
何げにそれってすごい。
私は、9,10はもうやってないんですが、
先日、iOS版が無料配信との事だったので
ひっさびさにやってみました。

スマホなので、昔のそれとはちょっと
印象が違ったんですが、それでも
やってるうちに懐かしさからか
結構ハマっちゃいました。

でも「I」って本当に短かったんですね(笑)。
あっという間にクリアしてしまいました。

これからも後続シリーズを配信するようなので、
「II」と「III」はやりたいなーと思っております。




posted by エイト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする